君がいる それだけで 優しくなれるから
Admin
腐食の街とまほろ市の殺人
2016年09月08日 (木) | 編集 |
iPhone 7が発表になりましたね。
大きく変わったところは、イヤホンジャックを廃止し防水機能を搭載したこと。
いいなぁ!魅力的!
iPhone 6の時は予約日に予約し、発売日に手にしたほど欲しかったけど、
今回は調子が悪いわけじゃないから少し先延ばしにしようかな。
色はローズゴールドだな、それ以外の選択はない。

にーよんの編集はPart.1がほぼ終わったとこ。
なかなか進まない。
先週はMステにNEWS出たね。
発売前後に出られなかったからうれしい。
恋しらの衣装を見た瞬間、なんかほっとしたんだよね。
これがNEWSだって。
リングでも「ちゃんとNEWSは止まらず色んな活動していく」って書いてあるから、
すぐにでもなんかあるかなって期待しちゃう。
あとはテゴマス10周年に向けてこちらの活動も期待!

シゲが読んだ殺戮にいたる病が面白かったので、
我孫子さんの他の本も読んでみました。
腐食の街です。
近未来の話で、刑事の溝口が上司や15歳のシンバと共に
死刑になったはずの猟奇殺人鬼の菅野と名乗る犯人を追いつめていく。
ついに溝口のおっさんはドクの脳の記憶を埋め込まれてしまうんだけど、
あんなにあっさり?と自分を取り戻せるのかが疑問に残った。良かったけどね。
最後にドクの脳がまだ居座る描写が描かれていてゾっとした。
全体的には面白かった。
続編として「屍蝋の街」っていうのがあるらしいのでそっちも読んでみたい。

fushoku.jpg

あともう1冊はまほろ市の殺人 夏-夏に散る花-。
こちらも我孫子さんの作品。
どんどん読めちゃった。
2時間サスペンスを読んだ感じかな。
みずきが作家・君村にファンレターを書いたことが発端になった殺人事件。
殺された相手は君村の親友。
ま、みずきの家へ行くと割と犯人があっさりと判明するんだけど、
まさか、みずきだと思って付き合ってた相手が双子のさつきで、
実際のみずきは、妹だと思ってた双子の病気の妹だったなんて。
みずきは成長が止まってしまう病気に悩まされてたんだね。
そして小学生の妹つばきもそのうち大きくなるっていう理由だけで殺してしまう。
なんか悲しい話だったなぁ。
結局みんな不幸になってるし。
せめて君村にはこれを教訓や経験にして、いい作家になって欲しいなぁと。

mahoro.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
内 緒 管理者にだけ表示を許可